サガン鳥栖

サガン鳥栖

私の故郷である佐賀県のサッカーチーム、サガン鳥栖がJ1に昇格しました。

J1に昇格するってすごいことですよね。

つい最近まで、J2で負け続けてサポーターから非難の言葉を浴びていたのが嘘のようです。

いつの間にそんなに強くなったのでしょうか。

私は、サッカーに興味がないので、Jリーグの試合の結果などを見ることはほとんどないのですが、さすがにこの短期間に急成長を遂げたサガン鳥栖の結果は気になり、たまにネットなどで試合結果を見ています。

サガン鳥栖は、4月22日現在でJ1の中で5位です。

5位ですよ5位。

ちなみにJ1は18チームあります。

浦和レッズより清水エスパルスよりガンバ大阪より上位にいるなんて信じられません。

有名な選手が加入したのかなと思ったのですが、元オリンピック選手なんかもいるようですが、それほど有名な選手はいないようです。

このサガン鳥栖の快進撃に県民も喜んでいるようです。

先日、サガン鳥栖の試合が県の陸上競技場で開催されているときに、その前を車で通りました。

ちょうど試合が終わった時間だったのか、陸上競技場の周りは大渋滞を起こしていました。

雨がひどい日だったのですが、観戦帰りでレインコートを着た人もたくさん歩いて駅に向かっていました。

臨時バスにもたくさんの人が乗っていました。

Jリーグの試合が終わった後の光景としては、ありきたりの光景かもしれませんが、サガン鳥栖の試合は、今までは、観客がかなり少ないというイメージしかなかったので、これだけの観客が集まったということが意外でした。

サガン鳥栖への応援が盛り上がっているんだなと思いました。

J1は強敵揃いなので、勝ち続けることが厳しいかもしれませんが、この勢いで最後まで上位で頑張ってもらいたいと思います。

銀座カラーの脱毛料金

いいのだろうか・・・?

先日、近所のお宅によく遊びにきていた野良猫が赤ちゃんを産んだという情報を聞きました。うちではすでに猫を2匹飼っているのですが、もう1匹ほしいと思っていたところだったので元気そうな猫がいたら引き取りたいと思いのぞきに行くことにしたのです。

段ボールの中に、お母さん猫と子猫がぎっしり重なるようにした状態で寝ていました。子猫は数えたところ全部で5匹いるようです。どれもかわいくて思わず笑顔がこぼれてしまいます。お母さん猫も野良猫とは思えないような人なつっこさでかわいいです。

引き取りたいと思ってきては見たものの、あんなにピッタリと寄り添っている親子を見ていたらこのまま引き離してしまうのがなんだかかわいそうになってきてしまいました・・・。うちですでに飼っている2匹は母がもらってきたので、こうやって親子一緒にいる子猫を見るのは実は初めてだったのです。

お母さん猫は、子猫を他の人が抱っこすると「ウウー」と唸るそうです。それほど子猫を大事にしているということですよね。たったこれだけのことでも大変な状態なのに、引き離してしまったらいったいどうなってしまうのでしょうか?

そんなこと考えるくらいならもらう引き取るべきではないのかなとも思いましたが、この子猫たちはこのまま放置していても野良猫のままですから長生きできる可能性は低いそうです。それなら、うちで引き取って大事に育ててあげるのもいいのかなと思います。ただし、5匹全部はさすがに無理なので1匹が限度でしょう・・・。

まだ生まれたてで目を開いていなかったので、もう少し大きくなってから再度考えてみようと思います。思わぬところで、なんだかしんみりとした気持ちになってしまいました。